MMA総合調査事務所,浮気不倫調査専門店

更新情報・お知らせ

2020/11/5
お困りごとまずはご相談ください。NEW

» 過去ログ

当サイトからのごあいさつ

この度は、当事務所ホームページをご覧いただきありがとうございます。

初めて探偵社にご相談される方には『MMA総合調査事務所』にお気軽にまずはご相談ください。

北陸を中心として、浮気調査・素行調査・ストーカー対策・SNSトラブル・などあらゆる面で探偵業とし調査をさせていただいております。

我々、探偵業でのご依頼は、80%以上が浮気不倫調査でございます。 依頼者様の不安事などまずは、お話ください。 明るい未来へのための知識・証拠を必ずお届けいたします。簡易調査などお気軽にご相談ください

・調査終了後、詳細な報告書と証拠写真を迅速に提出できます。

・最終目的実現の為、助言や弁護士の紹介で完全解決できます。

・調査後も気軽にSOS相談できる身近で頼れる存在であり続けます。

  責任を持ち、綿密な報告・連絡・相談を行い、お客様が満足する結果へ導きます。

浮気・不倫調査

知っているようで知らない貴方のパートナー行動 ​ 不安を解消するには、相手の行動をよく知ることから。
男女の関係は、今も昔も変わらずつきまとうもの。
​ 小さな疑いや不安が、一生の後悔につながることもあります。
​ 相手の行動を少しでも知りたいと思うのは、自然な願望です。

民法における 「不貞行為」

​第770条

1.夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

配偶者に不貞な行為があったとき。

配偶者から悪意で遺棄されたとき。

配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。

配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2、裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を婚姻の継続を   相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

  判例上の「不貞行為」(浮気調査)

「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。

 

また、通常「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復とした「不貞行為」が必要とされる。

確実な慰謝料を求めるなら、最低でも二回以上の不貞行為の証拠が必要とされる。

性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要がない場合もある。

運営

MMAコーポレーション
石川県金沢市藤江南2丁目1番地3
TEL:076-256-1237
(メールお問合せ24時間受付中)


モバイル事業